健康診断は恐怖じゃない!命を守る為に必ず受けよう!

健康診断をネガティブに捉えない

「ドクターストップがかかってお酒飲めなくなってしまった」こんな声を聞くと健康診断をネガティブに捉えてしまう人がいます。もし健康診断をしなかったら、今も楽しくお酒が飲めたのかもしれません。ただ、もし何もせずにお酒を飲み続けた場合は確実に寿命が縮まってしまいます。尊厳死が認められていない以上、医療現場は患者の延命を第一に考えます。なのでお酒であろうとタバコであろうと容赦なくドクターストップがかかる訳です。確かにこれまで楽しく生活していたのに、制限がかかるというのは辛いです。しかし、少しでも長く生きる為に我慢するという姿勢も忘れてはいけません。

できれば一年に二回受ける

会社員であれば、通常一年に一回健康診断を会社のお金で受けることができます。ただ、病魔というのはいつ襲ってくるか分からないので年に二回受けた方がベターではあります。年に一回受けているから良いという安易な考えで生活していると、手遅れになってしまう可能性があるのです。中には発症から数ヵ月程度で命を奪ってしまう病気もあるということを忘れてはいけません。やはり、早期発見早期治療がベストであることに変わりないです。病巣が小さければ小さいほど治療が楽ですし、医療費も少なくなります。初期の段階では自覚症状のない病気も多いので、健康診断で異常の有無を確かめたいです。もしくは、体調に不安を抱えるのであれば健康診断だけでなく人間ドックも活用したいです。手遅れになってからでは駄目なので、念には念を入れて検査します。

健康診断なら千葉の医療機関に申し込みをすることで、性能の良い医療機器が導入されているため、希望の検査を一通り受けることができます。